HOME
>パーティー攻略術 聞かない方が良い質問(男性向け)

聞かない方が良い質問(男性向け)

聞かない方が良い質問(男性向け)

聞かない方が良い質問(男性向け)
「あんなに楽しく話せたのになんだかその後繋がらない…。」「あの時一瞬、表情固まっていたな…。」女性との会話の後、そのように感じたことはありませんか?

経験のある方、どうぞご安心下さい。人は誰でも自分が取った行動や発言を振り返ってはしばしば“後悔”する生き物ですから、例え自己嫌悪に陥ったとしても、その時のことを反省し、ポジティブに転換して下さいね。でも出来ることならそんな後悔したくない…。それが本音でしょう。

そこで今回は、女性が男性に質問されてネガティブな感情を抱きやすいものの代表的なものを挙げてみました。あくまでも一般例で、内容はケースバイケースです。ただ、知っておくと助かる、ある種のマナー的なものとして記憶しておけば役立ちます。さぁ、さっそく女性の心の中をのぞいてみましょう。

過去の恋愛・つき合った人数・浮気の境界線など、恋愛絡みの質問はNG

“過去の恋愛・つき合った人数・浮気の境界線など、恋愛絡みの質問はNG
デリカシーのある男性ならこんなこと、わざわざ聞かないとは思いますが、時々、ピュアに質問をぶつけてくる男性がいらっしゃいます。
「どんな男性がタイプ?」は大丈夫ですが、「今まで何人くらいとつきあったの?」「別れて今どれくらい?」、更には「何が原因で別れたの?」「どこからが浮気だと思う?」等、どう考えても女性が答えにくい質問をガンガン投げてくるのです。

気になる女性のことを色々知りたい!というのはとても自然なことですが、このようにデリケートな質問は、女性の心をかき乱すどころか、器の小さな男として判断されることにもなりかねませんので控えた方が無難です。但し、勝負!と思った時に、軽いタッチで質問するのはアリ。お互い意識し合う中で全く嫉妬心をのぞかせないのも女性にとっては物足りなさを感じさせます。バランスとタイミング、度合いというものが恋愛には求められるものなのです。

他の女性の話・他人への関心

他の女性の話・他人への関心
他の女性の話をされていい気分になる女性がいたら是非会ってみたいみたいものです。それくらい女性は男性が思っている以上に、自分以外の女性を敵視している節があり、自分以外の者への関心をも拒みます。

過去にこんなことがありました。
「彼女の親友の話題なので、一緒に楽しめると思い積極的にその子の質問をした。」
純粋に会話を楽しむつもりで友人のことをあれこれ質問したという男性。しかし、完全に気分を害してしまった彼女は、不機嫌になり、しばらく口を聞いてくれなかったとのことです。
このように、どんなに固い絆で結ばれて見える女性同士の親友であったとしても、男の存在一つであっさり崩れ、それどころか一生の敵になってしまう程のエネルギーが渦巻いていることを常に心得ていて下さい。

また、女性芸能人に対する発言も同じです。単なる憧れやファンのつもりでも、口に出してしまうと大変なことになる場合もあります。しかし厄介なことに、女性は巧みに男性の心を探ろうと「どんな女性がタイプ?芸能人で例えると?」なんて仕掛けてきますから、そんな会話になったとしても、冷静に、決して熱くならずに「女優の●●の目は好きだなぁ」とか「タレントの●●さんの話し方はちょっと癒されるよね」程度でとどめておくことが無難です。
更に話を掘り下げられたり、あおられた場合は、あなたに気があるサインの場合も多いので、そんな時は「…いやぁ、まず現実的じゃないし」とか「案外性格は分からないものだし…」なんて、否定を込めたニュアンスをさりげなく盛り込むと、お相手をホッとさせることが出来ます。悪いことは知りたくない!でも見たい知りたい!これが女心です。女性に関する話題、質問は極力避けることが無難と言う事ですね。

血液型

血液型
意外に思われるかもしれませんが、血液型を聞かれることに抵抗を感じている女性、案外多かったりします。
何となく「女性は血液型の話題が好き」ってデフォルトで思われがちなのですが、例えばそれはB型に対する偏見を含んでいることも多く、いくらそれぞれの性質を個性の一つと捉えてのことだとしても、深読みして気分を悪くしている場合もあるのです。

血液型の話は共通の話題のない者同士のコミュニケーション手段としてとても優秀な鉄板ネタであると同時に、表現と質問内容、タイミングを間違えると逆効果であることを心得ておいて下さい。ちょっとガサツな一面を見て「もしかしてO型?」とか、マメなメールに「A型でしょ?」とか、深い意味はなかったとしても、女性にとっては否定された気持ちになることもあるので気をつけて下さいね。

年齢・世代・流行に関する質問

年齢・世代・流行に関する質問年長者を敬い、目上の人間への礼儀と配慮を重んじる日本では、年齢というバロメーターが、円滑な人間関係を築く上でとても大切なものさしとなっています。
必然的にそれは恋愛の場面でも。
今でこそ10歳以上もの年の差カップルが珍しくなくなったとはいえ、やはり正直、自分自身も周りも、お互い年齢に関しては敏感に感じている部分であることは間違いありません。
経験値が高く、自立した女性に魅力を感じる欧米の男性と違い、日本では、見た目の若さ、フレッシュ感がもてはやされる風潮が今なお強く残っています。

アイドル文化はその典型的な象徴です。そうなると、20代も後半に差し掛かる頃には、女性が自分自身、「価値が下がった」と錯覚を起こし、女子力アップやアンチエイジングにエネルギーを注ぎ出します。
こう言った一連の空気は一夜にして変えられるものではありませんので、とりあえず「おいくつですか?」というダイレクトな質問は当然ながらNG。更には流行の話題で「●●ご存じないですか?」という世代を意識させる質問も、はじめは極力避けた方が女性の心を傷つけずにすむと覚えておいて下さい。

※この情報は変更することがありますので、ご注意下さい。

HOME
>パーティー攻略術 聞かない方が良い質問(男性向け)

エクシオが選ばれる理由 エクシオのネット婚活「ルミエール」無料おためし会員様検索はこちら ツイッターフォローで毎月ポイントゲット!
スマートフォンサイトオープン パーティ攻略術
アプローチカードに、連絡先!? new! 個室パーティーの魅力 安心・安定!公務員男性と結婚する まだまだブーム!ぽっちゃり女子とそれが好きな男性 婚活を成功させるなら個室のパーティーはここに注意 パーティー参加のための確認事項 モテる!男女の恋愛力 男性向け 夏の婚活エチケット 婚活パーティーはありのままの自分で 緊張しない!ココロの準備 第一印象は8秒間までに決まる!? 気を付けたい第一印象(男性向け) "気を付けたい第一印象(女性向け) "知りたい!モテる人のヒミツ モテトーク術(男性向け) モテトーク術(女性向け) また会いたい、と思われる会話(男性向け) また会いたい、と思われる会話(女性向け) 聞かない方がいい質問(男性向け) 20~30代のオンナアンケート 男女恋愛心理学で相手を知る 生かそう出会いのチャンス イマドキ女子の婚活スタイル肉食VS草食 カップルになった後は? おとなのデートを楽しむための確認事項 今からでも間に合う!全身美肌術 セミナーや習い事で自分を磨こう 疲れた体を優しくいたわるマクロビオティックにチャレンジ 恋愛力をチャージ!気軽に行けるパワースポット 運命的な出会いを自分で探す!!九星気学の婚活アドバイス あなたにぴったりなパーティーは?パーティー診断
スタッフブログ プライバシーマーク